ああ、思い違い・・・・・そしてさらに勘違い
b0066985_8314256.jpg

こんなにかわいい花に、「へくそかずら」なんて名前をつけたのは誰でしょう。「へ」だけでもかわいそうなのに、「くそ」までつけて。名前をつけた人はよっぽど、虫の居所が悪い時に名づけたのでしょう。なんだか、触ると臭い為って、出てましたけど、もっと臭い物はたくさんあると思いますけど。

昨日の記事へのりんりんさんのコメントへの返事を書いていて、は~~って気づいたのですが。
「天高く、馬こえる秋」の「こえる」って、「超える」ですか?私は、ずっと、「肥える」だと思っていたのです。
秋になると、食べ物が美味しいから、あの走るのが速く活動的な馬でさえ、食べ過ぎて太ってしまう。という解釈をしてました。
||||||||(* ̄ロ ̄)ガーン||||||||||ですよ。

でも、こういう経験はよくあります。先日まで、「待てば、海路の日よりあり」も、ずっとエジプトのカイロだと思ってました。(それだと いったい、どういう意味になるのでしょうか)
以前、「巨人の星」の歌で、「おもいこんだら、試練の道を♪~~~」の「おもいこんだら」を「重いコンダラ」だと思い、絵で飛雄馬が引いているローラーが「コンダラ」という品物だと思って、「重たいコンダラを引いてる」と歌われていると思い込んでいた人の話を見た事があります。
思い込みって、恐ろしいですねえ。
主人の思い込みは、「トラウマ」です。何度も「トラウマ」の意味を聞くので、説明したら
「で!それが、虎と馬と何の関係があるのか」と聞くのです。どうも、昔の故事からついた言葉と思っていたようです。日本語と思うところに誤りがあります(ーー;)



はなさんのご主人さんが調べてくださいました。
「肥え」でいいんだそうです。私も広辞苑をひっぱりだしました。「気候がいいから、馬が肥えてたくましくなる」といういう意味なんだそうです。
んまあ、人騒がせな!誰ですか、間違えたのは、は~い、私です。すみません<(_ _)>
はなさんのご主人様有難うございます。
うちのパソコンが全文打って変換するとこうなるんですよ。で、そのまま検索すると、「越え」の文章で出る方があるから、てっきり私の勘違いと思ってました。
あ~あ。
実は、私は、午年なので、だから、秋になると太るんだって、いじけてたのが間違いだったと今日、唯一嬉しかった事でしたのに、やっぱり、肥えるんですか。
[PR]
by gingermurmur | 2005-08-20 08:43 | 些細な事なんですけどね
<< お隣さんの畑 8月21日 その1 たった1コの収穫 >>